Sayaka Yoshihara

吉原清香 (東京藝術大学音楽学部器楽科4年)

 

ドイツの講習会に参加するのは2回目、Münchenを訪れるのも2回目、しかしこの講習会は初めてでした。1週間という期間は短い様で、充実していればいるほど中身の濃い忘れられない日々になります。私はこれまでいくつか海外の講習会を受講してきましたが、この講習会はその中でもとても思い出深いものとなりました。

 

今回は両先生方に同じシューベルトのソナタを見ていただきました。多くの受講生がベッケラー先生の音が美しいと言っていたように私もレッスンを通してその音に感動し、時には涙腺が緩んでしまいそうになることさえありました。一方のシェーファー先生はとてもアグレッシブで、強弱や音楽の幅を先生ご自身が音楽だけでなく体を大きく使って教えてくださり、そのパワーと迫力に圧倒されつつ 聴衆に伝える ということについて改めて納得することが多い時間だったと思います。タイプの違うお2人に同じ曲を見ていただくことで、混乱してしまうのでは?と初めは覚悟していましたが、レッスンを受けて改めて 目指す音楽の方向性 は同じだということを感じることができました。どちらの先生も 聴く ということを何よりも大切に、ペダル、響きや音の作り方、コントラストをつけることを丁寧に変化がみえるまで何回も教えてくださりました。「じゃああとはやっておいてね」で終わらず、「じゃあもう一回やってみようか」と言ってくださるのは根気のいることですが、これは先生方のお人柄だと思います。とても嬉しかったです。

 

また今回ホームステイではありませんでしたが、留学中の友人とたくさん話しをしたり、素晴らしい演奏会に足を運んだり、Münchenの街を心ゆくまで堪能することができとても幸せでした。この時期は謝肉祭前だった様で仮装した人も多く街を歩いていて、華やかなMünchenの街がより一層明るく賑わっており、毎日わくわくと心が弾みました。とても綺麗で素敵で、Münchenがぐーんと好きになりました!

 

最後に、小長さん 朝島さん、この様な機会をくださるだけでなく、私たちのサポートまで本当にありがとうございました。毎日がとても充実していて幸せでした。是非またこの講習会に参加したいと思います!♪