Natsuki Seo

瀬尾菜月(東京嬰術大学音楽学部器楽科4年)

 

私がこのセミナーに参加したのは4回目になります。

 

このセミナーに参加する度に、自分が自分でなくなるような感覚になります。  そう感じるのは、セミナー初日と最終日の自分の考え方や、意識の仕方が全くもって違っているからです。

 

私は、小さい頃からドイツ音楽が心から大好きで、ミュンヘンで学べることが毎回自分にとってかけがえのない経験になっています。その度に、ドイツ音楽も、ミュンヘンという場所もどんどん好きになり、今では日本よりも好きな場所になっています。

 

今回は、ベッケラー先生に4回見ていただきました。 初めてベッケラー先生のレッスンを受けさせていただいたとき、私はまだ 音楽を純粋に楽しみ、思うがままに弾いている高校生の時でした。その際、先生のレッスンで 今までにない衝撃を受け、先生が奏でる音楽が言葉にできないほど崇高で美しく、先生が弾いてくださると  開いた口が塞がりませんでした。 あのときから、先生の奏でる音に虜になり、忘れられずもっとたくさんのことを吸収したい!という気持ちが強くなり、何度も参加させていただいています。

 

初めて参加してから何年も経ち、様々なことに試行錯誤していくうちに 壁にぶつかってしまい悩むことがありました。 その際も、先生の魔法にかかったようなレッスンをどうしても受けたくて、その壁を少しでも越えられるように、セミナーに参加しました。

 

私は音楽に対して、正面から真摯に向き合うほど、音楽が固くなってしまいがちで、どうにかこれを改善したいと思い、ベッケラー先生にも相談に乗っていただきました。先生は、どんなことも一緒に向き合ってくださいます。  そして、何度受けても先生の奏でる音に感動し、涙が出そうになります。今回 私が抱えている壁の解決策のヒントをたくさん教えていただきました。 そのヒントが、私の中で  「これだ!!!」と、ビビっとくるものがあり、意識を強くし頭の中のスイッチを変えるだけで だいぶ固まっていた部分が溶けた気がしました。

 

僅か1週間ですが、特に今回はとても刺激が強く、自分の音楽も人間も成長できるきっかけとなる素晴らしい期間でした。この感動、得たものを日本に帰っても絶対に忘れたくない、ずっと心に留めておきたいと思っています。  

 

これも、毎回思うことなのですが、セミナーはもちろん ミュンヘンという場所も私にとても大きな変化をもたらせてくれる場所です。景色も雰囲気も素晴らしいし、現地の方の優しさ、オープンな対応に  何度救われたことか。 こんなに素敵な街で音楽を勉強できるなんて!  感激でしかありません。

 

今回のセミナーは、私が参加してきた中で 参加者が多く 皆さん素晴らしい方で、レッスンなど聴講をする中でもたくさんのヒントを得ることができました。勉強することがたくさんで、日本にいると焦燥感に駆られますが、今はとてもワクワクしています。

 

もう私も子供ではありません。自分の道は自分で切り拓いていくしかない。今回のセミナーで、私が演奏する意味は何なのかということをとても強く考えることができた  有意義な1週間でした。 この感覚を忘れず、解き放たれた 私らしさのある音楽を  日本に帰ってさらに追求し続けていきたいと思います。

 

最後になりましたが、セミナーを通して沢山サポートをしていただいた小長さん、 お世話をしてくださった朝島さんに心から感謝致します。このような機会を与えてくださりありがとうございました。